豆知識

スポンサーリンク
レビュー

【意外と簡単】ガーミン ForeAthlete220J ベルト交換

ガーミン ForeAthlete220Jを購入してから4年が経ちました。 かなり大事に、ていねいに使用していましたが、さすがに経年劣化には勝てません。 気が付いたら裏側の赤い部分に亀裂が入っていました。 代わりのベルトをネットで購入し、自分で交換してみましたが、思ったより簡単に交換出来たのでその詳細を記したいと思います。
レビュー

呼吸持久力を高めるサプリ グリコ エキストラオキシドライブ

走ってて息が苦しい、もっと楽に走りたい と思ったこと、ランナーであれば必ずと言っていいほどあるはずです。 肺活量、VO2Max最大酸素摂取量などは、生まれつきもっている能力であったり、トレーニングを積むことで向上させることが出来ます。 そのために、日々インターバルのような高強度トレーニングや、エリートランナーであれば低酸素ルームでのトレーニングや、高地トレーニングまで行います。 しかし、私たちのような市民ランナーはもっと手軽で簡単なものはないの?というのが本音じゃないでしょうか。
レビュー

【レビュー】Tabio レーシングラン五本指メリノウール 

西高東低の冬型の気圧配置が強まり、寒さが一段と厳しくなってきましたね。 そんな中でランニングするときはしっかり防寒対策を行いたいところです。 そこで以前にも記事にあげたタビオのレーシングソックスで、メリノウールがあることを思い出し、早速購入して試してみることにしました。
豆知識

マラソンで後半30km以降ペースダウンや失速をなくすためには

マラソン後半に、ペースが落ちたり、失速してしまうことありますよね? これは自分にとっても、まだまだ課題であります。 サブスリーを達成した時も前半に比べ、後半はかなりペースが落ちてしまいました。 最後までペースが落ちることなく、いや、あわよくばペースアップするネガティブスプリットを可能にするには、どうしたらいいのか? を考えてみたいと思います。
豆知識

マラソンにおけるエネルギー消費と補給について

フルマラソンを走るには2000~2500kcalを消費すると言われています。人が貯蔵できるエネルギーは1600kcalだと言われています。補給無しで完走するにはよほどのトレーニングが必要になります。いえ、いくらトレーニングを積んでも、自分...
インターバル

【たった4分】短時間で高強度タバタトレーニング

タバタトレーニングとは立命館大学スポーツ健康科学部の田畑 泉教授が、1996年に発表した高強度・短時間のトレーニング法、「タバタ プロトコル」のことです。 フィットネス界隈ではHIIT(高強度インターバルトレーニング)というのが定着しているようで、タバタトレーニングもそっち方面で国内より先に海外で高く評価されていたようです。
豆知識

温度帯別 ランニングウェア

気象庁より ランニングするときのウェアって結構難しいですよね。特に寒暖差があるとき。部屋で着替えて、外出てみると、「あれ??」ってときありませんか? そうならないため、私は必ず温度帯を目安に着るウェアを決めています。それをベー...
レビュー

【ブランド別】ランニングシューズ クッション特集

厚底ブームが過熱している昨今。 ただ単に厚みが増しただけでしょ、と思っていませんか? 各メーカーはしのぎを削って、柔軟性、反発性、耐久性のある、いままでにない新しい素材の開発に余念がありません。 すこしマニアックかもしれませんが、シューフィッターである自分の観点からみた各メーカーのクッショニングを考察していきたいと思います。
豆知識

ランニングエコノミー【効率よく走るために】

マラソンの3要素は【VO2Max(最大酸素摂取量)】【乳酸性作業閾値(LT)】【ランニングエコノミー】 があります。 今回はその【ランニングエコノミー】を考えていきたいと思います。
インターバル

インターバルトレーニング【効果、方法、強度、VDOT、VO2Max】

マラソンの記録を決める3要素は、最大酸素摂取量(VO2Max)、ランニングエコノミー、そしてLT(乳酸性作業閾値)があります。速く、楽に走るためにはこの3つをバランスよく効率的に向上させるのが良しとされています。せっかく苦しい練習をするの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました