レビュー

スポンサーリンク
レビュー

【レビュー】ルナサンダル オソ フラコ ウィングドエディション

「ベアフットランニング」 ランナーなら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 そのブームの火付け役である「ルナサンダル」は、近代のクッショニングを重視したランニングシューズとは一線を画し、そのコンセプトはまさに走ることへの原点回帰だと思います。
レビュー

【詳細レビュー】ナイキ ペガサス40 |アッパー素材、フィット感のアップデート|500km実際に履いてみた使用感

ナイキ エアズーム ペガサス40(Pegasus40) は、1983年初代発売以来ロングセラーを続け、今回40代目のモデルとして2023年4月に発売されました。ナイキランニングカテゴリーの中核モデルとして君臨し続けた歴代ペガサス同様、高機能ながらコスパの高いシューズに仕上がっています。
レビュー

【レビュー】走る練習 x HERENESS Cult Airly Cotton Tee

人気ポッドキャスト、Replicant fmのサポーターズアイテム”走る練習”シリーズと、着心地に徹底的にこだわった、サステナブルなスポーツウェア ”HERENESS” とのコラボTシャツ。今回も販売開始後瞬殺でSOLD OUTな人気アイテムのレビューをしたいと思います。
レビュー

[ 実走レビュー ] ナイキ ペガサス39 |サイズ感、重量、2,000km走行耐久性、寿命を紹介

2代前の37で大幅なモデルチェンジをしてから2年。2022/4/29発売された、39代目の ナイキ ペガサスは、大幅モデルチェンジが施されました。 早速履いてみた感想は、デイリートレーナーとしての機能はしっかり受け継ぎながらトップモデルの良いところを取り入れ進化している、といったところでしょうか。 具体的にどう変わったのか深掘りしてみたいと思います。
レビュー

【実走レビュー】ナイキ ズームフライ 4

もはや厚底シューズの定番といえる”ナイキズームフライ” ヴェイパーフライネクスト はレース使用率No1のシューズに対し、ズームフライは厚底トレーニングシューズの位置づけになります。もちろん私たち市民ランナーにとっては十分レースでも対応出来るポテンシャルを持っています。
ストレッチ

トリガーポイント™(TRIGGERPOINT) マッサージや使い方 ランナー編

ランナーにおいて大事なこと、走ることと、もう一つは、休むこと しっかり休んで疲労と取って、次のランも楽しんで走りたいですよね。 休むといっても、ただ横になって寝そべってるだけもいいですが、 せっかくなのでアクティブにしっかりと疲労は取っておきたいところ! 筋膜リリースをすることで、質の良い【休足】を取りたいですね。
レビュー

【レビュー】ノースフェイス NORTH FACE  マーティンウィング10(Martin Wing10) サイズ感、収納、便利な使い方

【NORTH FACE マーティンウィング10】は、レース用ランニングパックとして開発されたシリーズの中型モデルです。 フィット感や通気性の快適性だけでなく、ポケットの位置や容量がアップデートされ、レースだけでなくデイリーユースにも対応したデザインに仕上がっています。 主張しすぎないデザインなので通勤電車でも違和感なく使えるのはうれしいですね。また、トレイルランニングや長距離ランニングでもしっかり使えるポテンシャルを持っているので、間違いなく様々なシーンで活躍してくれるでしょう!
レビュー

【レビュー】”走る練習” Cult Merino L/S Dry Shirt

去る2022年3月2日より伊勢丹メンズにて行われた「ULTRAGEARMARKETinISETAN」そこで販売された、人気ポッドキャスト、Replicantfmのkntrが手掛ける ”走る練習”シリーズ最新作、CultMerinoL/SDr...
レビュー

【レビュー】ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

言わずもがな、数々の輝かしい戦歴を残している「名作」レーシングシューズ、ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%。ナイキ公式でも記されているように、従来の性能を維持しつつ、アッパーの改良が施され更に進化したレーシングシューズに生まれ変わっています。
レビュー

【レビュー】OAKLEY FLAK BETA (オークリー フラックベータ) アジアンフィット 交換レンズ付

オークリーといえば、サングラスでは高級なイメージですが、 コスパの高いアイテムを見つけたのでご紹介します。
スポンサーリンク