スポンサーリンク
ニューバランス公式オンラインストア

[ 実走レビュー ] ナイキ ペガサス39 サイズ感、重量、前作との違い、500km走行の経過観察を紹介

Mo Harunah(モー ハルナ)
PB:Full 2:53:59 (2022.3 東京マラソン2021)
Half 1:27:00(2018.11)
2021年1月、2022年1月、2年連続50代サブスリー達成。
発売から39代目となるナイキの定番モデル

39代目 ナイキ ペガサスは、2022年4月29日に発売され、大幅モデルチェンジが施されました。

直感的なデザインで、新たな高みを目指してトレーニングやジョギングに励むランナーをサポート。 ペガサス 38よりも足の甲部分が軽量で、どんな季節にもぴったり。サポート性に優れた履き心地で、固定感が持続します。足裏のクッショニングと2つのZoom Airユニット (ペガサス 38より1つ増加) が、足を踏み出すたびに反発性を発揮。

NIKEより

早速履いてみた感想は、

トップモデルの良いところを取り入れながら
デイリートレーナーとしての機能はしっかり受け継いでいる

といったところでしょうか。

具体的にどう変わったのか深掘りしてみたいと思います。

38からの変更点

かかとにエアユニット追加

Nike Reactテクノロジーを搭載した耐久性抜群の軽量フォーム。滑らかで、弾むような履き心地を実現しました。 これに前足部とヒールのZoom Airユニットを組み合わせることで、エネルギーにあふれた履き心地を追求しています。

Nikeより

前作38は前足部のみエアユニットを搭載したフォアフットを推奨した仕様でしたが、今作39から、より広いターゲット層にマッチするよう、エアユニットがかかとにも追加され、ヒールストライクのランナーにもメリットを持たせました。


前作38は10mm厚のエアユニットが前足部のみに配置されていましたが、今作39は8mm厚のエアユニットが前足部とかかとに配置されてます。

8mm厚の前後セパレートズームエア

過去モデルの変遷を見ると
35、36 フルレングスズームエア
37、38 つま先のみ10mm厚のズームエア
39   8mm厚の前後セパレートズームエア

実際走ってみると、確かに38のような前足部がフワフワする感触は減っていますね。
では、かかとにフワフワ感が増えたかというとそうでもないです。
まぁ、もともと反発性のあるリアクトフォームが入っていたので、かかとでその違いを感じるのは難しいかもしれません。

アッパー

メッシュ

シュータンと履き口に追加したパッドが、足を快適な状態にキープ。 さらに、従来のメッシュよりも強力で柔軟性に優れたエンジニアードメッシュを上部全体に配置して、軽くて通気性に優れた履き心地を実現。

Nikeより

アッパーのメッシュ素材は継承。

画像で比較すると、39のほうがメッシュの目が大きく太陽光を多く透過しています。
つまり、メッシュの隙間が大きいので、38より、通気性が良いということが言えると思います。

39 光を透過させるメッシュ
38 光は透過しない細かいメッシュ

シュータン

38同様クッションが入った厚みある仕様ですね。きつく縛っても足の甲を優しく守ってくれそうです。

左39 右38 タンの厚みは同じくらい
左38 右39 ウェビングベルトは無くなった

ヒールカウンター

クッションのボリュームは38と同じくらいなのでかかとまわりが包み込まれるようなフィット感は継承してますね。

左38 右39


スルッと挿入しやすい37の形状と、ボリューミーなクッションの38。
両方の良いところを掛け合わせたような仕様は大歓迎です。

奥から37 38 39

フライワイヤー

Flywireテクノロジーと足中央部のバンドを一体化。シューズ内で足がずれるのを防止しながら、しっかりとサポートします。

Nikeより

よりフィット感を向上させるため、レーシングにFLYWIREを採用。
紐に引っ掛けられたフライワイヤーが足の甲まわりを包み込むように締まってくれます。

細かいことですが、シューホールの穴の大きさが、紐の幅と丁度同じくらいなので、適度な摩擦が生まれ、紐を引っ張って手を放しても緩みにくいので、部分的に締め分けしたいときにはとても便利だなと思いました。

シューレース(紐)

シューレース(紐)の素材も変更しています。
少しザラザラした感触で、ほどけにくいです。
かといって絶対ほどけないということはないですが、前作よりは改善しています。

左39 右38

ソール

着地を最大限にサポートするヒール形状で、かかとからつま先へスムーズに体重移動。 これに厚いフォームを組み合わせて、反発性に優れた履き心地を実現しました。

Nikeより


アウトソールのパターンは若干変更されています。
ヒールの尖ったデザインは変更されてます。

38と比較すると真ん中の溝が1本追加されてます。
これがあることで、より柔軟なフレックス(ソールの折れ曲がり)に対応した仕様となってます。
2mm薄くなったエアユニットと相まって、前作よりも、より自然なフレックスを実現しているのではないでしょうか。

左38 右39 
左38 右39

個人的な一番の特長としてあげたいのは、つま先親指の真下あたりが凹みが大きくなっていることです。

ヒトは走る時、人体構造上、小指側から着地し、親指側で離地します。この凹みがあることで、着地した足裏が自然と母指球⇒親指へと誘導されます。
つまり、効率の良い着地~離地をオートで行ってくれるという優れものなのです。

この構造は上位モデルのヴェイパーフライでも採用されています。

重量

気になる重量。
前作の262gより16g軽くなり246gでした。

ペガサス39 25.5cm 片足246g
ペガサス38 25.5cm 片足262g
ペガサス37 25.5cm 片足240g

サイズ感

サイズ感は前作と変わりないです。
履いた感じは、アッパーのメッシュ素材が前作より張りがあるので、少しタイトになった印象でした。

まとめ

今回のフルモデルチェンジで、どんな変わり方をするのかと期待していましたが、いい意味で裏切られました。
いたずらに変化させるのではなく、さらに完成度を上げるため、変わらない部分、変えちゃいけない部分もしっかり残していました。

その反面、上位モデルでも採用されているディテールにもこだわりもあり、保守的な部分と先進的な部分をバランスよくミックスし、これぞデイリートレーナー として君臨するモデルに仕上がっているのではないでしょうか。

前モデルのレビューはこちら↓

経過観察

使用して約1ヵ月の感想

①シューレースが秀逸すぎる

 部分的な締め具合の調整がしやすいです。
 レビューにも書きましたが、毎日のことなので、この良さをとても実感しています!
 つま先の方からギュっと締めていくと、テンションを維持したまま、足首のほうも締められます。
 紐のほどけ難さもすごく改善してて、ほんとに緩まないです!

②ウエットコンディション

 アッパー生地のつま先周辺が形状維持のためにコーティングされてます。
 それが水分の侵入を防いでくれます。
 なので多少のウェットコンディションでも足が濡れることがありません。
 前作は5歩目くらいですぐに濡れてしまってたので、全然違います。

300km現在

ミッドソールにしわが出てきた

300kmでは、まだまだ「新しいシューズ」感が残っています。
アウトソールの前足部がすり減ってきてるくらいです。

500km現在

ミッドソールにシワと汚れが目立つ

右足アウトソール前足部周りのラグパターンが消えかかっています。
減り方の左右差を見るのは面白いです。

アッパーも特にヘタリとかもないです。

では!

コメント

スポンサーリンク
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
タイトルとURLをコピーしました