ナイキ

スポンサーリンク
レビュー

[ 実走レビュー ] ナイキ ペガサス39 サイズ感、重量、前作との違い、500km走行の経過観察を紹介

2代前の37で大幅なモデルチェンジをしてから2年。2022/4/29発売された、39代目の ナイキ ペガサスは、大幅モデルチェンジが施されました。 早速履いてみた感想は、デイリートレーナーとしての機能はしっかり受け継ぎながらトップモデルの良いところを取り入れ進化している、といったところでしょうか。 具体的にどう変わったのか深掘りしてみたいと思います。
レビュー

【実走レビュー】ナイキ ズーム フライ 4

もはや厚底シューズの定番といえる”ナイキズームフライ” ヴェイパーフライネクスト はレース使用率No1のシューズに対し、ズームフライは厚底トレーニングシューズの位置づけになります。もちろん私たち市民ランナーにとっては十分レースでも対応出来るポテンシャルを持っています。
お買得情報

ナイキ ペガサス トレイル 3 GORE-TEX

ナイキ ペガサス トレイル 3 GORE-TEXは、人が踏み固めていない道や雨の日のランニングに最適。快適な履き心地に定評のあるクッショニングを使用し、丈夫なトラクションと改良された足中央部の構造でしっかりとニュートラルにサポート。防水加工のアッパーにより、悪天候でも岩の多いトレイルを減速することなく走り続けられます。雨をものともせず、シューレースを結んで、悪天候を克服しよう。
レビュー

【レビュー】ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

言わずもがな、数々の輝かしい戦歴を残している「名作」レーシングシューズ、ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%。ナイキ公式でも記されているように、従来の性能を維持しつつ、アッパーの改良が施され更に進化したレーシングシューズに生まれ変わっています。
トレラン

【レビュー】ナイキ ペガサス トレイル 3

著者プロフィール Mo Harunah(モー ハルナ) PB:Full 2:57:17 (2020.1) Half 1:27:00(2018.11) 2021年1月には50代サブスリー達成。 不朽の名作、”ナイキペガサス” のトレイ...
レビュー

【レビュー】ナイキ ペガサス38のサイズ感、重量、耐久性を紹介

37とは何が変わったのか? サイズ感や重さ、耐久性など、 詳細にレビューします。
レビュー

ナイキ ズームペガサス37 シールド By You

著者プロフィール Mo Harunah(モー ハルナ) PB:Full 2:57:17 (2020.1) Half 1:27:00(2018.11) 2021年1月には50代サブスリー達成。 ナイキメンバー限定で、ペガサス37のシー...
新製品情報

ナイキ ペガサス トレイル 2 GORE-TEX

ナイキ公式オンラインストアで、メンバー限定先行販売していたトレイルランニングシューズペガサス トレイル 2 GORE-TEXが一般販売されました。 ペガサスシリーズのトレイルラン仕様「ペガサストレイル」は、「ペガサス」のネーミングを...
レビュー

【ブランド別】ランニングシューズ クッション特集

厚底ブームが過熱している昨今。 ただ単に厚みが増しただけでしょ、と思っていませんか? 各メーカーはしのぎを削って、柔軟性、反発性、耐久性のある、いままでにない新しい素材の開発に余念がありません。 すこしマニアックかもしれませんが、シューフィッターである自分の観点からみた各メーカーのクッショニングを考察していきたいと思います。
レビュー

【レビュー】ナイキ エアズームペガサス37 (1500km走行 経過観察有り)

初代発売から37年続く歴史は、長い間エリートから初心者まで幅広い層に愛され続けた名品の証だと言えるでしょう。 そんなモデルの最新バージョンについて自分なりに感じたことを書き記しておきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました