ナイキ

スポンサーリンク
レビュー

【詳細レビュー】ナイキ エアズーム ペガサス38 (重さ、サイズ、1000km走行の使用感は?)

ナイキの38代続く定番モデルが待望のマイナーチェンジ。 ”37とどこが変わったのか?” その違いを詳細にレビューします。
レビュー

ナイキ ズームペガサス37 シールド By You

著者プロフィール Mo Harunah(モー ハルナ) PB:Full 2:57:17 (2020.1) Half 1:27:00(2018.11) 2021年1月には50代サブスリー達成。 ナイキメンバー限定で、ペガサス37のシー...
新製品情報

ナイキ ペガサス トレイル 2 GORE-TEX

ナイキ公式オンラインストアで、メンバー限定先行販売していたトレイルランニングシューズペガサス トレイル 2 GORE-TEXが一般販売されました。 ペガサスシリーズのトレイルラン仕様「ペガサストレイル」は、「ペガサス」のネーミングを...
レビュー

【ブランド別】ランニングシューズ クッション特集

厚底ブームが過熱している昨今。 ただ単に厚みが増しただけでしょ、と思っていませんか? 各メーカーはしのぎを削って、柔軟性、反発性、耐久性のある、いままでにない新しい素材の開発に余念がありません。 すこしマニアックかもしれませんが、シューフィッターである自分の観点からみた各メーカーのクッショニングを考察していきたいと思います。
レビュー

【レビュー】ナイキ エアズームペガサス37 (1500km走行 経過観察有り)

初代発売から37年続く歴史は、長い間エリートから初心者まで幅広い層に愛され続けた名品の証だと言えるでしょう。 そんなモデルの最新バージョンについて自分なりに感じたことを書き記しておきます。
レビュー

ナイキ オデッセイリアクト【NIKE ODYSSEY REACT】2,000km走行レビュー

今年2月から履き始めた、ナイキ オデッセイリアクト。 9月末までにトータル約2,000km走ってきました。 アウトソールの一部がすり減ってミッドソールが見えてきて、そろそろ限界が近づいてきたので区切りとしてレビューを書いておきたいと思います。
レビュー

【レビュー】ナイキ エアズームテンポネクスト% 

ナイキでの位置づけはトレーニングシューズ。 特にAir ZOOM アルファフライNEXT%のトレーニングシューズという位置づけです。
レビュー

【ファーストインプレッション】ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%(NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%)【ナイキ 厚底 ランニング シューズ】

8/27 に発売されたナイキ エア ズーム テンポ ネクスト% あのアルファフライNEXT%のトレーニングシューズという位置づけだが 実際に履いてみると、そのモンスターぶりに只々驚くばかりだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました